PR

初心者向けFX用語集一覧|100選

初心者向けFX用語集一覧|100選 海外FX
記事内に広告が含まれています。

FX(外国為替証拠金取引)の用語集の一覧です。初心者の方に向けてFXの用語をわかりやすく解説します。まず最初に覚えておきたいFX用語とその解説を表形式で説明します。

初心者向けFX用語具体的な解説
レバレッジ(Leverage)レバレッジは、証拠金に対してどれだけの額の取引ができるかを示す比率のことです。例えば、100倍のレバレッジをかけると、1,000ドルの証拠金で100,000ドル相当の取引を行うことができます。レバレッジのメリットは、少額の証拠金で大きな利益を狙えることですが、逆にリスクも高まる点に注意が必要です。
ロングポジション(Long Position)ロングポジションとは、通貨ペアを買うことで、価格の上昇を期待する取引のことを指します。例えば、EUR/USD通貨ペアでロングポジションを持つと、ユーロを買いドルを売ることになります。価格が上昇すれば利益が得られますが、逆に下落すると損失を被ることになります。
ショートポジション(Short Position)ショートポジションは、通貨ペアを売ることで、価格の下落を期待する取引のことを意味します。例えば、USD/JPY通貨ペアでショートポジションを持つと、ドルを売り円を買うことになります。価格が下落すれば利益が得られますが、逆に上昇すると損失を被ることになります。
スワップポイント(Swap Point)スワップポイントは、FX取引においてポジションを翌日に持ち越す際に発生する金利の差を示します。通貨ペアごとに金利水準が異なるため、ロングポジションとショートポジションでスワップポイントが発生することがあります。ポジションを翌日に持ち越す場合には、スワップポイントのプラスやマイナスが発生することを考慮しましょう。
ピップ(Pip)ピップは、通貨ペアの価格の最小変動単位を表します。通常、主要通貨ペアのほとんどは小数点以下4桁で表示されるため、1ピップの価値は通常非常に小さいです。例えば、EUR/USDが1.2345から1.2346に変動した場合、1ピップの変動となります。

上記は、FX初心者がトレードを始めるにあたって重要な用語です。FXを始める前に理解しておくことでトレードに役立ちます。また、FXトレードはリスクを伴うため、自己責任で始めることが大切です。

参考にしたFX用語集(英語サイト):Forex Glossary

  1. FX用語の一覧集
    1. 1. アスク(Ask)
    2. 2. ビッド(Bid)
    3. 3. スプレッド(Spread)
    4. 4. ロット(Lot)
    5. 5. オーダー(Order)
    6. 6. ストップロス(Stop Loss)
    7. 7. テイクプロフィット(Take Profit)
    8. 8. マージンコール(Margin Call)
    9. 9. ストップアウト(Stop Out)
    10. 10. ボラティリティ(Volatility)
    11. 11. キャンドルスティック(Candlestick)
    12. 12. チャートパターン(Chart Pattern)
    13. 13. ファンダメンタル分析(Fundamental Analysis)
    14. 14. テクニカル分析(Technical Analysis)
    15. 15. 経済指標(Economic Indicator)
    16. 16. サポートとレジスタンス(Support and Resistance)
    17. 17. トレンド(Trend)
    18. 18. ブレークアウト(Breakout)
    19. 19. レンジ(Range)
    20. 20. スリップページ(Slippage)
    21. 21. ビッド(Bid)
    22. 22. アスク(Ask)
    23. 23. スプレッド(Spread)
    24. 24. ロット(Lot)
    25. 25. マージンコール(Margin Call)
    26. 26. ストップロス(Stop Loss)
    27. 27. テイクプロフィット(Take Profit)
    28. 28. ボラティリティ(Volatility)
    29. 29. エントリー(Entry)
    30. 30. エグジット(Exit)
    31. 31. スライッページ(Slippage)
    32. 32. トレーリングストップ(Trailing Stop)
    33. 33. OCO注文(One Cancels the Other Order)
    34. 34. ブレイクアウト(Breakout)
    35. 35. ドローダウン(Drawdown)
    36. 36. ファンダメンタル分析(Fundamental Analysis)
    37. 37. テクニカル分析(Technical Analysis)
    38. 38. オーバーナイトポジション(Overnight Position)
    39. 39. サポート(Support)
    40. 40. レジスタンス(Resistance)
    41. 41. クロスレート(Cross Rate)
    42. 42. マージンコール(Margin Call)
    43. 43. フィボナッチリトレースメント(Fibonacci Retracement)
    44. 44. ペアトレーディング(Pair Trading)
    45. 45. フォワード取引(Forward Contract)
    46. 46. オープンインタレスト(Open Interest)
    47. 47. ボラティリティ(Volatility)
    48. 48. マネージドアカウント(Managed Account)
    49. 49. キャンドルスティックチャート(Candlestick Chart)
    50. 50. ロット(Lot)
    51. 51. ストップオーダー(Stop Order)
    52. 52. リミットオーダー(Limit Order)
    53. 53. スプレッド(Spread)
    54. 54. ベアマーケット(Bear Market)
    55. 55. ブルマーケット(Bull Market)
    56. 56. オーバーシュート(Overshoot)
    57. 57. ブレイクアウト(Breakout)
    58. 58. フィル(Fill)
    59. 59. ヘッジ(Hedge)
    60. 60. ダイバージェンス(Divergence)
    61. 61. クロスレート(Cross Rate)
    62. 62. フラット(Flat)
    63. 63. フォワードコントラクト(Forward Contract)
    64. 64. フリーマージン(Free Margin)
    65. 65. ギャップ(Gap)
    66. 66. リクオート(Requote)
    67. 67. ロールオーバー(Rollover)
    68. 68. スライページ(Slippage)
    69. 69. ストップ・リミットオーダー(Stop Limit Order)
    70. 70.口座開設ボーナス(no-deposit Forex bonus)
    71. 71. テクニカル分析(Technical Analysis)
    72. 72. トレンド(Trend)
    73. 73. ボラティリティ(Volatility)
    74. 74. ボリューム(Volume)
    75. 75. マージンコール(Margin Call)
    76. 76. マーケットオーダー(Market Order)
    77. 77. リミットオーダー(Limit Order)
    78. 78. ストップロスオーダー(Stop Loss Order)
    79. 79. オーバーシュート(Overshoot)
    80. 80. ペアトレーディング(Pair Trading)
    81. 81. ファンダメンタル分析(Fundamental Analysis)
    82. 82. エクイティ(Equity)
    83. 83. ドローダウン(Drawdown)
    84. 84. スライッページ(Slippage)
    85. 85. サポート(Support)
    86. 86. レジスタンス(Resistance)
    87. 87. キャンドルスティックチャート(Candlestick Chart)
    88. 88. ヒストリカルボラティリティ(Historical Volatility)
    89. 89. フィボナッチリトレースメント(Fibonacci Retracement)
    90. 90. エリオットウェーブ理論(Elliott Wave Theory)
    91. 91. マーケットオーダー(Market Order)
    92. 92. リミットオーダー(Limit Order)
    93. 93. ストップオーダー(Stop Order)
    94. 94. オーダーの有効期間(Order Duration)
    95. 95. エントリー(Entry)
    96. 96. エグジット(Exit)
    97. 97. リスク/リワード比率(Risk/Reward Ratio)
    98. 98. ウェッジパターン(Wedge Pattern)
    99. 99. ブレイクアウト(Breakout)
    100. 100. コンソリデーション(Consolidation)
  2. テクニカル分析のFX用語集一覧
    1. 1. トレンドライン分析
    2. 2. サポート&レジスタンス分析
    3. 3. ムービングアベレージ分析
    4. 4. ボリンジャーバンド分析
    5. 5. MACD分析
    6. 6. RSI分析
    7. 7. ストキャスティクス分析
    8. 8. フィボナッチリトレースメント分析
    9. 9. ピボットポイント分析
    10. 10. ボリューム分析
    11. 11. エリオットウェーブ理論
    12. 12. ADX分析
    13. 13. オシレーター分析
    14. 14. パラボリックSAR分析
    15. 15. 一目均衡表分析
    16. 16. ヒストリカルボラティリティ分析
    17. 17. ピボットチャート分析
    18. 18. Gann角度分析
    19. 19. マネーフロー指数分析
    20. 20. チャートパターン分析
    21. 21. ブロッターチャート
    22. 22. ドーナツチャート
    23. 23. デットクロス
    24. 24. ゴールデンクロス
    25. 25. トリプルトップ
    26. 26. トリプルボトム
    27. 27. 一目均衡表
    28. 28. アンドリューズピッチフォーク
    29. 29. フィボナッチリトレースメント
    30. 30. ボリンジャーバンド
    31. 31. マネーフローインデックス (MFI)
    32. 32. ストキャスティクスオシレーター
    33. 33. オンバランスボリューム (OBV)
    34. 34. 平均方向性指数 (ADX)
    35. 35. パラボリックSAR
    36. 36. エリオット波理論
    37. 37. ギャップ
    38. 38. ダブルトップ
    39. 39. ダブルボトム
    40. 40. ヘッドアンドショルダーズ
    41. 41. 逆ヘッドアンドショルダーズ
    42. 42. ブルーフラグ
    43. 43. ベアフラグ
    44. 44. ブルペナント
    45. 45. ベアペナント
    46. 46. テクニカルライン
    47. 47. トレンドライン
    48. 48. サポートライン
    49. 49. レジスタンスライン
    50. 50. フィボナッチリトレースメント
    51. 51. ドントレードライン
    52. 52. ダブルトップ
    53. 53. ダブルボトム
    54. 54. ギャップ
    55. 55. ボリンジャーバンド
    56. 56. ストキャスティクス
    57. 57. RSI (相対力指数)
    58. 58. MACD (移動平均収束拡散)
    59. 59. オシレーター
    60. 60. ブレイクアウト
    61. 61. サポートライン
    62. 62. レジスタンスライン
    63. 63. チャートパターン
    64. 64. トレンドライン
    65. 65. トライアングル
    66. 66. ヘッドアンドショルダーズ
    67. 67. ブルフラグ
    68. 68. ベアフラグ
    69. 69. フィボナッチリトレースメント
    70. 70. ローソク足
    71. 71. ハラミ
    72. 72. ドジ
    73. 73. ハンマー
    74. 74. ハンギングマン
    75. 75. シューティングスター
    76. 76. インバースハンマー
    77. 77. トリプルトップ
    78. 78. トリプルボトム
    79. 79. ボリンジャーバンド
    80. 80. ストキャスティクス
    81. 81. フィボナッチリトレースメント
    82. 82. フィボナッチエクステンション
    83. 83. ボリューム
    84. 84. トレンドライン
    85. 85. レジスタンス
    86. 86. サポート
    87. 87. チャネル
    88. 88. ブレイクアウト
    89. 89. コンソリデーション
    90. 90. ダイバージェンス
    91. 91. ヘッジング
    92. 92. スプレッド
    93. 93. オーバーショット
    94. 94. ポートフォリオ
    95. 95. ロールオーバー
    96. 96. ストップロス
    97. 97. テイクプロフィット
    98. 98. リミットオーダー
    99. 99. ストップエントリーオーダー
    100. 100. スライッページ
  3. FX用語のまとめ

FX用語の一覧集

初心者向けのFX用語集です。わかりやすく端的に100種類のFX用語をまとめました。初めて海外FX取引をする方にも参考となります。

1. アスク(Ask)

アスクは売り値を示し、売り手が取引を行うための価格です。この価格で取引を行う場合、購入側はこの価格で買うことになります。

2. ビッド(Bid)

ビッドは買い値を示し、買い手が取引を行うための価格です。この価格で取引を行う場合、売り側はこの価格で売ることになります。

3. スプレッド(Spread)

スプレッドはビッド(買値)とアスク(売値)の差を指し、取引のコストともなります。スプレッドが狭いほど取引コストは低くなります。

4. ロット(Lot)

FX取引の単位をロットといいます。1ロットは通常、100,000通貨を指します。0.1ロットなら10,000通貨、0.01ロットなら1,000通貨になります。

5. オーダー(Order)

取引を注文することをオーダーといいます。成行き注文(取引可能な最良の価格で即時に実行する注文)や指値注文(指定した価格で取引を行う注文)などがあります。

6. ストップロス(Stop Loss)

ストップロスは、損失を制限するための注文です。事前に定めた損失額に達した時点で自動的に取引が閉じられます。

7. テイクプロフィット(Take Profit)

テイクプロフィットは、利益を確定するための注文です。事前に定めた利益額に達した時点で自動的に取引が閉じられます。

8. マージンコール(Margin Call)

口座の証拠金が必要最低限度まで減少したとき、追加の証拠金を供給するように要求する警告をマージンコールと言います。

9. ストップアウト(Stop Out)

口座の証拠金がさらに減少し、特定のレベルに達すると、ブローカーは自動的にあなたのポジションを閉じ、これ以上の損失を防ぎます。これをストップアウトと言います。

10. ボラティリティ(Volatility)

ボラティリティは市場の動きの激しさを表します。ボラティリティが高いほど価格の変動が大きく、リスクだけでなくチャンスも大きくなります。

11. キャンドルスティック(Candlestick)

キャンドルスティックは、FX用語で特定の時間範囲における価格の動きを表すチャートの形式です。それぞれのキャンドルスティックは開始価格(開始時)、終了価格(終了時)、最高価格、最低価格を表示します。

12. チャートパターン(Chart Pattern)

チャートパターンは、FX用語で価格動向を表現する形状のことです。これらのパターンを解析することで、将来の価格動向を予測することができます。

13. ファンダメンタル分析(Fundamental Analysis)

ファンダメンタル分析とは、経済の基本要素(経済指標、政策、地政学的な要素など)を調査し、通貨の本当の価値を決定しようとする分析手法のことを指すFX用語です。

14. テクニカル分析(Technical Analysis)

テクニカル分析は、過去の価格データと取引量を利用して、未来の市場動向を予測しようとする分析手法のことを指すFX用語です。

15. 経済指標(Economic Indicator)

経済指標は、FX用語で経済の健康状態を評価するために使用される統計データのことです。これらの指標には失業率、GDP、インフレーション率などがあります。

16. サポートとレジスタンス(Support and Resistance)

サポートとレジスタンスは、FX用語で価格が通常下落しない(サポート)または上昇しない(レジスタンス)水準を指します。

17. トレンド(Trend)

トレンドとは、FX用語で価格が一定の方向に移動する傾向を指します。上昇トレンド(バリッシュまたは強気)、下降トレンド(ベアリッシュまたは弱気)、そして横ばいトレンド(レンジまたはノンダイレクショナル)が存在します。

18. ブレークアウト(Breakout)

ブレークアウトとは、FX用語で価格がサポートやレジスタンスレベルを突破することを指します。これは新たなトレンドの始まりを示す可能性があります。

19. レンジ(Range)

レンジとは、FX用語で価格が特定の上限と下限の間を行き来する市場状況を指します。

20. スリップページ(Slippage)

スライッページとは、注文が想定価格よりも悪い価格で実行されることを指すFX用語です。これは市場のボラティリティが高い時や、リクイディティが低い時によく起こります。

21. ビッド(Bid)

ビッドとは、FX取引で初心者も理解する必要がある基本的な用語で、市場参加者が通貨ペアを購入するために準備している最高の価格を示します。

22. アスク(Ask)

アスクは、売り手が通貨ペアを販売するために受け入れる最低価格を示すFXの用語です。初心者はビッドとアスクの違いを理解することが重要です。

23. スプレッド(Spread)

スプレッドとは、ビッドとアスクの差を表すFXの用語で、ブローカーの利益の一部を形成します。初心者はスプレッドの概念を理解し、取引コストを把握することが重要です。

24. ロット(Lot)

ロットは、FX取引の基本単位で、通常1ロットは100,000通貨単位を表します。初心者はこの単位によって取引される通貨の量を理解する必要があります。

25. マージンコール(Margin Call)

マージンコールは、証拠金が必要最低限度まで減少したときにブローカーから発せられる警告のことを指すFXの用語です。初心者はマージンコールのリスクを理解し、適切なリスク管理を行うことが必要です。

26. ストップロス(Stop Loss)

ストップロスは、予定された損失額に達した時点でポジションを自動的に閉じる指令のことです。初心者にとっては大きな損失を防ぐための重要なツールです。

27. テイクプロフィット(Take Profit)

テイクプロフィットは、指定した利益額に達した時点で取引を自動的に閉じる指令のことを指すFXの用語です。初心者はこれにより利益を確保し、取引を管理することができます。

28. ボラティリティ(Volatility)

ボラティリティとは、市場の価格変動の度合いを表すFXの用語です。初心者はボラティリティが高いほどリスクとリターンが大きくなることを理解する必要があります。

29. エントリー(Entry)

エントリーは、取引を開始する行為またはその時点を指すFXの用語です。初心者は適切なエントリーポイントを選択することで、利益を最大化し、リスクを最小化することができます。

30. エグジット(Exit)

エグジットとは、取引を終了する行為またはその時点を指すFXの用語です。初心者は適切なエグジット戦略が利益確保と損失軽減に役立つことを理解する必要があります。

31. スライッページ(Slippage)

スライッページとは、注文の実行価格が注文価格と異なる現象を指すFXの用語です。初心者が理解すると、一部の取引で生じる予期しない損失を説明するのに役立ちます。

32. トレーリングストップ(Trailing Stop)

トレーリングストップは、価格が利益方向に動くと、止め価格がそれに追随して動く注文タイプを指します。初心者にとっては、既存の利益を保護しながら更なる利益の可能性を狙う効果的なツールです。

33. OCO注文(One Cancels the Other Order)

OCO注文とは、二つの注文を同時に出し、一方が実行されると他方が自動的にキャンセルされるタイプの注文を指します。初心者は、この注文タイプを使用して取引のリスクを管理する方法を学ぶことが重要です。

34. ブレイクアウト(Breakout)

ブレイクアウトは、価格が特定のレジスタンスレベルやサポートレベルを突破した状態を指すFXの用語です。初心者はこの現象を理解し、トレンドの開始を検知するために使用することができます。

35. ドローダウン(Drawdown)

ドローダウンは、投資ポートフォリオのピークからの相対的な下落を指すFXの用語です。初心者はこの用語を通じて投資パフォーマンスを評価する一方で、リスクを理解することも重要です。

36. ファンダメンタル分析(Fundamental Analysis)

ファンダメンタル分析とは、マクロ経済的要素(GDP、雇用統計、利息率など)を考慮に入れて通貨の公正な価値を推定する手法を指します。初心者は、この分析方法を学ぶことで、長期的な市場の動向を理解するのに役立ちます。

37. テクニカル分析(Technical Analysis)

テクニカル分析とは、過去の価格データと取引量を基に将来の市場動向を予測する方法を指します。初心者は、この分析手法を使って短期的な取引のタイミングを判断するのに役立ちます。

38. オーバーナイトポジション(Overnight Position)

オーバーナイトポジションとは、一日を超えて保持される取引ポジションのことを指します。初心者は、この用語を理解することで、取引スタイルとそれに伴うリスクをよりよく理解することができます。

39. サポート(Support)

サポートは、価格が何度も下降しようとして反転したところを指すFXの用語です。初心者は、この用語を理解して、価格の動きを予測するのに役立てることができます。

40. レジスタンス(Resistance)

レジスタンスは、価格が何度も上昇しようとして反転したところを指すFXの用語です。初心者は、この用語を理解して、取引戦略を構築するのに役立てることができます。

41. クロスレート(Cross Rate)

クロスレートとは、二つの通貨間の交換レートを指すFXの用語です。初心者は、USDを介さずに通貨を交換する際のレートを理解するためにこの用語を使用します。

42. マージンコール(Margin Call)

マージンコールは、口座の証拠金が必要最低限度を下回ったときにブローカーから発される通知を指します。初心者はこの用語を理解し、証拠金の維持率が低下したときの対応方法を学びます。

43. フィボナッチリトレースメント(Fibonacci Retracement)

フィボナッチリトレースメントは、価格が一定の方向に動いた後にどの程度反転するかを推測するのに使われるテクニカル分析ツールです。初心者はこの分析ツールを使用して、エントリーポイントやエグジットポイントを決定する際に役立ちます。

44. ペアトレーディング(Pair Trading)

ペアトレーディングとは、2つの相関性の高い資産を同時に買ったり売ったりする戦略を指します。初心者は、この戦略を通じて、市場のボラティリティからの保護を学びます。

45. フォワード取引(Forward Contract)

フォワード取引は、将来の特定の日付に特定の価格で通貨を交換する契約を指します。初心者は、この取引形態を通じて、未来の為替リスクから保護する方法を学びます。

46. オープンインタレスト(Open Interest)

オープンインタレストとは、ある特定の時点で開かれている契約の総数を指すFXの用語です。初心者は、この用語を理解して、市場の流動性や取引活動を測る指標として使用します。

47. ボラティリティ(Volatility)

ボラティリティとは、価格がどの程度動くかを示す指標であり、一般的にリスクを表します。初心者は、この用語を通じて、市場の不確実性を理解するのに役立ちます。

48. マネージドアカウント(Managed Account)

マネージドアカウントは、専門家によって管理され、特定の戦略に従って取引が行われるアカウントを指します。初心者は、自分で取引を行う時間や知識がない場合にこのタイプのアカウントを考慮します。

49. キャンドルスティックチャート(Candlestick Chart)

キャンドルスティックチャートは、特定の期間における通貨の開始価格、終了価格、最高価格、最低価格を表示するための視覚的な手段です。初心者は、このチャートを通じて、市場の動向を理解しやすくするための重要なツールを手に入れます。

50. ロット(Lot)

ロットは、取引通貨の量を表すFXの用語です。一般的に1ロットは100,000単位の基底通貨を指します。初心者は、この用語を理解することで、取引する通貨の量を判断することができます。

51. ストップオーダー(Stop Order)

ストップオーダーは、特定の価格に達したときに取引を実行する指令を指します。初心者は、この指令を使用して、損失を制限したり利益を確保したりします。

52. リミットオーダー(Limit Order)

リミットオーダーは、特定の価格またはそれよりも良い価格で取引を実行する指令を指します。初心者は、リミットオーダーを使用して、取引を自動的に実行するのを助けるツールを学びます。

53. スプレッド(Spread)

スプレッドは、通貨ペアの売り値と買い値の差を指します。初心者は、スプレッドを理解することで取引コストを把握するのに役立ちます。

54. ベアマーケット(Bear Market)

ベアマーケットは、市場が下降傾向にある状態を指します。初心者は、この用語を理解して、市場のトレンドを判断するのに役立ちます。

55. ブルマーケット(Bull Market)

ブルマーケットは、市場が上昇傾向にある状態を指します。初心者は、この用語を理解して、市場のトレンドを判断するのに役立ちます。

56. オーバーシュート(Overshoot)

オーバーシュートは、価格が一時的に通常の範囲を超えて変動する現象を指します。初心者は、この用語を理解して、市場の過剰反応を判断するのに役立ちます。

57. ブレイクアウト(Breakout)

ブレイクアウトは、価格が抵抗レベルまたは支持レベルを突破することを指します。初心者は、この用語を理解して、新たなトレンドの開始を識別するのに役立ちます。

58. フィル(Fill)

フィルは、取引指令が実行されたときのことを指します。初心者は、この用語を理解して、取引が正確に行われたことを確認します。

59. ヘッジ(Hedge)

ヘッジは、投資リスクを軽減するための戦略を指します。初心者は、ヘッジ戦略を学んで、為替リスクを管理する方法を理解します。

60. ダイバージェンス(Divergence)

ダイバージェンスは、価格とテクニカルインジケーターとの間の不一致を指します。初心者は、ダイバージェンスを識別することで、可能性のあるトレンドの変化を見つけるのに役立ちます。

61. クロスレート(Cross Rate)

クロスレートは、2つの非USD通貨の交換レートを指します。初心者は、これを活用してUSDを介さずに直接通貨を交換できます。

62. フラット(Flat)

フラットは、ポジションを持っていない状態を指します。初心者は、この状態を利用して新しい取引を計画したり、市場動向を分析したりします。

63. フォワードコントラクト(Forward Contract)

フォワードコントラクトは、将来の特定の日付に特定の価格で通貨を交換する契約を指します。初心者は、この契約を活用して為替リスクを管理できます。

64. フリーマージン(Free Margin)

フリーマージンは、新たなポジションを開くために利用可能な証拠金を指します。初心者は、これをチェックして余裕をもった取引を計画できます。

65. ギャップ(Gap)

ギャップは、取引が途切れるなどして一時的に価格が飛ぶ現象を指します。初心者は、ギャップが発生する可能性を考慮に入れて取引戦略を立てます。

66. リクオート(Requote)

リクオートは、指定された価格での取引が難しいときにブローカーが新しい価格を提示することを指します。初心者は、リクオートを受け入れるか否かを考える時に、市場の流動性や価格変動を理解します。

67. ロールオーバー(Rollover)

ロールオーバーは、開いているポジションを翌日に持ち越すことを指します。初心者は、この行為がスワップコストにどのように影響するかを学びます。

68. スライページ(Slippage)

スライページは、注文された価格と実際に取引された価格との差を指します。初心者は、スライページが大きいとリスクが増大することを考慮に入れます。

69. ストップ・リミットオーダー(Stop Limit Order)

ストップ・リミットオーダーは、特定の価格に達した後で、リミット価格またはそれ以上で取引する指示を指します。初心者は、この種の注文を使うことで取引の精度を高めることができます。

70.口座開設ボーナス(no-deposit Forex bonus)

口座開設ボーナスは、主に海外FXで使用される用語で、新規口座開設をすることで10,000円前後の入金不要の取引に使えるボーナスのことを指します。併せて覚えておきたい用語として、入金ボーナスがあります。入金ボーナスは、取引口座に入金する事で証拠金として利用する事ができます。100%入金ボーナスの場合であれば、50,000円の入金に対して、50,000円の取引ボーナス(クレジットボーナス)が付与され、70,000円の損失が出た場合には、残高0円、クレジットボーナス30,000円の状態となます。残ったクレジットボーナスの30,000円は出金することができませんが、取引による利益分のみ出金可能です。

海外FXの追証なし

日本人の利用者数が一番多く有名な海外FX業者は、13,000円の口座開設ボーナスを実施している下記の業者です。

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

71. テクニカル分析(Technical Analysis)

テクニカル分析は、過去の市場データ、特に価格と取引量を分析することで、将来の市場動向を予測する方法です。初心者はこのアプローチを利用して、エントリーやエグジットのタイミングを決定します。

72. トレンド(Trend)

トレンドは市場の一般的な方向性を指します。これは上昇(上向きのトレンド)、下降(下向きのトレンド)、または横ばい(レンジまたはサイドウェイズのトレンド)である可能性があります。初心者は、トレンドを特定し、それに従って取引を行うことで成功する可能性が高まります。

73. ボラティリティ(Volatility)

ボラティリティは市場価格の変動の度合いを指します。高ボラティリティは価格変動が大きいことを意味し、低ボラティリティは価格変動が小さいことを意味します。初心者はボラティリティの理解を深め、それに基づいてリスク管理戦略を立てます。

74. ボリューム(Volume)

ボリュームはある特定の期間に取引された通貨の総量を指します。高ボリュームは活発な取引を示し、低ボリュームはそれほど活発でない取引を示します。初心者は、ボリュームの分析を通じて市場の強さや弱さを評価します。

75. マージンコール(Margin Call)

マージンコールは、ブローカーがトレーダーに更なる資金を口座に入金するよう求める通知です。これは、開いているポジションが大きな損失を引き起こし、証拠金の必要最低限を下回ったときに発生します。初心者はマージンコールを避けるために、常にリスク管理を重視します。

76. マーケットオーダー(Market Order)

マーケットオーダーは、可能な限り早く、現在の市場価格で注文を執行する指示です。初心者はこの種の注文を使用してすぐにポジションを開いたり閉じたりします。

77. リミットオーダー(Limit Order)

リミットオーダーは、特定の価格(またはそれより良い価格)で取引を行う指示です。初心者はリミットオーダーを使用して、特定の価格ターゲットで取引を自動的に実行することができます。

78. ストップロスオーダー(Stop Loss Order)

ストップロスオーダーは、損失を制限するために、特定の価格で取引を自動的に閉じる指示です。初心者はこの注文を活用して、取引のリスクを管理します。

79. オーバーシュート(Overshoot)

オーバーシュートは、通貨の価値が過度に上昇または下落する現象を指します。初心者は、オーバーシュートが起こると価格が急速に戻る可能性があることを覚えています。

80. ペアトレーディング(Pair Trading)

ペアトレーディングは、2つの関連する通貨ペアの価格差を利用した取引戦略です。初心者はこの戦略を用いて、市場の動きに対するリスクをヘッジします。

81. ファンダメンタル分析(Fundamental Analysis)

ファンダメンタル分析とは、経済指標、政治的イベント、社会的要因など、通貨の価値に影響を与える基本的な要素を分析するFX用語です。初心者はこの分析を用いて、長期的な通貨の価値変動を予測します。

82. エクイティ(Equity)

エクイティはFX用語で、口座の現在価値(オープンポジションの損益を含む)を指します。初心者はエクイティを把握し、それに基づいてリスク管理戦略を策定します。

83. ドローダウン(Drawdown)

ドローダウンは、ある特定の期間における投資口座のピーク(最高値)からの下落率を指すFX用語です。初心者はこの数値を注意深く監視し、リスクを適切に管理します。

84. スライッページ(Slippage)

スライッページとは、注文の指示価格と実際に執行された価格との差を指すFX用語です。初心者はスライッページが取引コストを増加させる可能性があることを理解し、高ボラティリティの期間には特に注意します。

85. サポート(Support)

サポートとは、価格が何度か下落して反発した特定の水準を指すFX用語です。初心者はサポートレベルを特定し、それを基にエントリーやエグジットのタイミングを決定します。

86. レジスタンス(Resistance)

レジスタンスとは、価格が何度か上昇して反落した特定の水準を指すFX用語です。初心者はレジスタンスレベルを特定し、それを基にエントリーやエグジットのタイミングを決定します。

87. キャンドルスティックチャート(Candlestick Chart)

キャンドルスティックチャートは、一定期間の開始価格、終了価格、最高価格、最低価格を表示するFX用語です。初心者はキャンドルスティックチャートを使用して、市場の動きを視覚的に理解します。

88. ヒストリカルボラティリティ(Historical Volatility)

ヒストリカルボラティリティとは、過去の価格変動から計算されるボラティリティを指すFX用語です。初心者はヒストリカルボラティリティを参考にし、将来の価格変動の予測に役立てます。

89. フィボナッチリトレースメント(Fibonacci Retracement)

フィボナッチリトレースメントは、価格トレンドの可能な反転ポイントを識別するために使用されるテクニカル分析のツールです。初心者はこのFX用語を用いて、エントリーやエグジットのタイミングを決定します。

90. エリオットウェーブ理論(Elliott Wave Theory)

エリオットウェーブ理論は、市場の心理学的なパターンを反映するとされる波動パターンを分析するFX用語です。初心者はこの理論を学び、市場の将来的な動向を予測します。

91. マーケットオーダー(Market Order)

マーケットオーダーはFX取引で最も基本的な注文形式で、即座に実行される注文です。初心者はこの注文形式を使って、すぐに取引を行います。

92. リミットオーダー(Limit Order)

リミットオーダーは、特定の価格(またはそれ以上/以下)で取引を行うための注文です。初心者はリミットオーダーを使って、取引のエントリーやエグジットのタイミングをコントロールします。

93. ストップオーダー(Stop Order)

ストップオーダーは、特定の価格で取引を開始する注文です。初心者はストップオーダーを使って、大きな損失を防ぐストップロスの設定などに使用します。

94. オーダーの有効期間(Order Duration)

オーダーの有効期間は、注文が有効である期間を指します。初心者は「GTC」(Good Till Cancelled:キャンセルされるまで有効)や「GFD」(Good For Day:その日の終わりまで有効)などのオプションを理解します。

95. エントリー(Entry)

エントリーとは、取引を開始するアクションを指します。初心者はエントリーのタイミングを適切に選ぶことで、利益を最大化する戦略を考えます。

96. エグジット(Exit)

エグジットとは、オープンしたポジションを閉じるアクションを指します。初心者はエグジットのタイミングを適切に選ぶことで、リスクを最小化する戦略を考えます。

97. リスク/リワード比率(Risk/Reward Ratio)

リスク/リワード比率は、投資のリスクと報酬の比率を示します。初心者はこの比率を考慮して、リスクを管理する戦略を立てます。

98. ウェッジパターン(Wedge Pattern)

ウェッジパターンは、価格が一方向に収束していく特定の形状を指します。初心者はウェッジパターンを利用して、将来の価格動向を予測します。

99. ブレイクアウト(Breakout)

ブレイクアウトは、価格が一定範囲から強力に動き出すことを指します。初心者はブレイクアウトを機に取引を開始することもあります。

100. コンソリデーション(Consolidation)

コンソリデーションとは、価格が一定の範囲内で動き続け、新たな方向性を見つけられない状態を指します。初心者はこの状態を理解し、取引のタイミングを選びます。

下記は、「FX用語の一覧集」を執筆するにあたって、参考にしたサイトです。

SMBC日興証券|初めてでもわかりやすい用語集

FX用語集|知っておくだけでスムーズなお取引|FXブロードネット

【IFAと投資家のマッチングサイト「わたしのIFA」FX初心者向け】最低限知っておくべき用語をわかりやすく紹介!

外為どっとこむ|FXなんでも用語集

テクニカル分析のFX用語集一覧

FXで使用されるテクニカル分析の手法を初心者向けにわかりやすく解説します。

1. トレンドライン分析

トレンドライン分析は、過去の価格の動きに基づいて描かれるラインで、上昇トレンドや下降トレンドを視覚的に捉えるための手法です。これにより、将来の価格の動きの方向性を予測します。

2. サポート&レジスタンス分析

サポートとレジスタンス分析は、価格の反発や抵抗を示す可能性がある水準を特定する手法です。サポートは価格が下落してきたときに反発する可能性がある水準、レジスタンスは価格が上昇してきたときに抵抗する可能性がある水準を示します。

3. ムービングアベレージ分析

ムービングアベレージ分析は、一定期間の価格の平均を求めて描かれるラインで、短期的な価格の変動をスムージングし、中長期的なトレンドを確認するための手法です。

4. ボリンジャーバンド分析

ボリンジャーバンド分析は、価格が一定の範囲内で動くことを前提にした手法で、価格の「過剰売買」を判断するために使用されます。

5. MACD分析

MACD分析は、2つの異なる期間の移動平均線の差を使用して、トレンドの強弱や転換点を捉えるための手法です。

6. RSI分析

RSI分析は、相対強弱指数(RSI)を使用して、価格が過剰売買の状態にあるかどうかを判断するための手法です。

7. ストキャスティクス分析

ストキャスティクス分析は、一定期間の価格の範囲内での最新価格の位置を基に、価格の上昇または下降トレンドが続くか、あるいは転換するかを判断するための手法です。

8. フィボナッチリトレースメント分析

フィボナッチリトレースメント分析は、フィボナッチ数列に基づく特定の比率を用いて、価格の反転や停滞が発生する可能性のある水準を特定するための手法です。

9. ピボットポイント分析

ピボットポイント分析は、前日の高値、安値、終値をもとに算出される「ピボットポイント」を用いて、その日の価格のサポートラインやレジスタンスラインを求める手法です。

10. ボリューム分析

ボリューム分析は、取引量(ボリューム)の動きを価格の動きと関連付けることで、市場の強弱を読み解く手法です。価格の変動とボリュームの増減には、しばしば重要な相関関係があります。

11. エリオットウェーブ理論

エリオットウェーブ理論は、市場の心理を反映した波動パターンを分析する手法です。これにより、将来の価格動向の予測が可能になります。

12. ADX分析

ADX分析は、平均方向性指数(ADX)を使用して、市場がトレンド中(強い上昇または下降)か、それともレンジ(方向性が不明確)中であるかを判断する手法です。

13. オシレーター分析

オシレーター分析は、市場の過熱状態を検出する手法で、過去の価格データを元に算出される指標を用いて、過剰売買状態を特定します。

14. パラボリックSAR分析

パラボリックSAR分析は、トレンド転換点を早期に捉えることを目的とした手法です。価格がパラボリックSARの点を上回った場合、上昇トレンドと判断されます。

15. 一目均衡表分析

一目均衡表分析は、価格と時間のバランスを表すための手法で、市場の動きを五本のラインで表示します。これらのラインがクロスするときには、市場のトレンド転換を予測することができます。

16. ヒストリカルボラティリティ分析

ヒストリカルボラティリティ分析は、過去の価格変動から計算されるボラティリティ(変動性)を分析する手法です。これにより、価格の変動幅の大きさや、リスクの程度を把握することができます。

17. ピボットチャート分析

ピボットチャート分析は、特定の期間の高値、安値、終値から算出されるピボットポイントを基に、将来のサポートラインやレジスタンスラインを予測する手法です。

18. Gann角度分析

Gann角度分析は、W.D. Gannが開発した手法で、価格と時間の関係を一定の角度で表現し、将来の価格動向を予測します。

19. マネーフロー指数分析

マネーフロー指数分析は、価格と取引量を組み合わせて、マネーが市場に流入しているか、それとも流出しているかを測定する手法です。

20. チャートパターン分析

チャートパターン分析は、特定の形状(パターン)を価格チャート上で見つけることにより、将来の価格動向を予測する手法です。主なパターンには、ヘッドアンドショルダーズ、ダブルトップ、ダブルボトムなどがあります。

21. ブロッターチャート

ブロッターチャートはFX用語の一つで、価格の動きを視覚化する一種のグラフィカルな表現方法です。価格の変動を一目でわかりやすくするために使用され、初心者にも親しまれています。

22. ドーナツチャート

ドーナツチャートは円状のグラフで、FXのポートフォリオの各通貨ペアの比率を一目で把握するのに便利なFX用語です。これにより、どの通貨ペアに多く投資しているのかがわかりやすくなります。

23. デットクロス

デットクロスは、FXのテクニカル分析でよく使われる用語で、短期移動平均線が長期移動平均線を下方向に交差することを指します。これは、ベア市場(下降トレンド)の始まりを示すサインとされ、初心者にも重要な用語です。

24. ゴールデンクロス

ゴールデンクロスはデットクロスとは反対で、短期移動平均線が長期移動平均線を上方向に交差することを指します。これは、ブル市場(上昇トレンド)の始まりを示すサインとなります。

25. トリプルトップ

トリプルトップは、FXのチャート上で価格が3回同じレベルに達し、その都度下がるパターンを指す用語です。これは通常、売りのサインと解釈され、初心者向けの学習リソースにもよく取り上げられます。

26. トリプルボトム

トリプルボトムは、トリプルトップの逆で、価格が3回同じレベルまで下がり、その都度反発するパターンを指す用語です。これは通常、買いのサインと解釈されます。

27. 一目均衡表

一目均衡表は日本で開発されたテクニカル分析の手法で、市場のバランスを5つのラインで表現します。各ラインが何を意味するのかを理解すれば、市場の動きをよりわかりやすく把握できます。

28. アンドリューズピッチフォーク

アンドリューズピッチフォークは、FXチャート上でトレンドラインを描くためのツールです。このツールを利用すると、価格の可能な動きを予測するのがよりわかりやすくなります。

29. フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントは、フィボナッチ数列を用いて、価格の反転または修正の可能性のあるレベルを特定する手法です。初心者にもわかりやすいツールで、FX市場で広く使用されています。

30. ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、価格のボラティリティを測定するためのツールです。バンドが拡大するときは市場のボラティリティが増加していることを示し、初心者にも理解しやすい指標となっています。

31. マネーフローインデックス (MFI)

マネーフローインデックスは、価格と取引量を組み合わせたオシレーター型の指標で、通常は「売買圧力」を表すために使用されます。初心者にはこのFX用語がわかりやすく、投資判断における参考指標として利用できます。

32. ストキャスティクスオシレーター

ストキャスティクスオシレーターは、過去の価格範囲内での現在の価格位置をパーセンテージで表す指標です。この指標が初心者向けの重要なFX用語であり、過買および過売の状況を識別するために用いられます。

33. オンバランスボリューム (OBV)

オンバランスボリュームは、取引量を基にしたテクニカル指標で、価格変動と取引量の関係を把握するために使用されます。このFX用語は、初心者にとってもわかりやすいため、取引の際に有用です。

34. 平均方向性指数 (ADX)

平均方向性指数は、トレンドの強さを測定するためのツールです。この指標は、トレンドが強いか弱いかを示し、初心者にとってもわかりやすいFX用語です。

35. パラボリックSAR

パラボリックSARは、価格のトレンドを追跡するためのシステムで、トレンドが反転した時点でエントリーまたはイグジットのシグナルとして機能します。初心者にはこの用語がわかりやすく、価格トレンドの理解を助けます。

36. エリオット波理論

エリオット波理論は、市場の心理学的パターンを研究するためのツールで、トレンダーが未来の価格動向を予測するのに役立ちます。この理論を理解することは初心者にとっても重要です。

37. ギャップ

ギャップは、異なる2つの取引期間の間に価格のジャンプまたは落ち込みがある状況を指します。これは通常、重要な経済ニュースが発表されたときに発生します。

38. ダブルトップ

ダブルトップは、価格が同じレベルまで2回上昇し、その都度反落するパターンを指すFX用語です。これは、売りのサインと見なされることが多いです。

39. ダブルボトム

ダブルボトムは、ダブルトップとは反対に、価格が同じレベルまで2回下落し、その都度反発するパターンを指します。これは、買いのサインと見なされることが多いです。

40. ヘッドアンドショルダーズ

ヘッドアンドショルダーズは、チャート上に形成されるトップまたはボトムのパターンで、”頭”が最も高く、その左右に比較的低い”肩”が形成される状況を指します。このパターンは、売りのサインと解釈されます。

41. 逆ヘッドアンドショルダーズ

逆ヘッドアンドショルダーズは、ヘッドアンドショルダーズの逆パターンで、”頭”が最も低く、その左右に比較的高い”肩”が形成される状況を指します。初心者にとってもわかりやすいFX用語で、買いのサインと解釈されます。

42. ブルーフラグ

ブルーフラグは、短期的な整理パターンで、強い上昇トレンド中に一時的に価格が下落する場面を指します。初心者にとっても理解しやすく、このパターン後の上昇を予想することが多いです。

43. ベアフラグ

ベアフラグは、ブルーフラグの反対で、強い下降トレンド中に一時的に価格が上昇する場面を指します。このFX用語は初心者にとって重要で、このパターン後の下降を予想することが多いです。

44. ブルペナント

ブルペナントは、上昇トレンド中に形成される短期的な整理パターンを指します。このFX用語を知ることは初心者にとって有益で、ブルペナント形成後の価格上昇を期待することが多いです。

45. ベアペナント

ベアペナントは、ブルペナントの反対で、下降トレンド中に形成される短期的な整理パターンを指します。初心者にとってもわかりやすいFX用語で、このパターン後の下降を予想することが多いです。

46. テクニカルライン

テクニカルラインは、価格チャート上に引かれるラインで、サポートラインやレジスタンスラインなどがあります。これらは価格動向の参考になるため、初心者にとってもわかりやすいFX用語です。

47. トレンドライン

トレンドラインは、価格チャート上に引かれる直線で、価格の上昇トレンドや下降トレンドを視覚的に表すために使用されます。初心者向けには、トレンドの方向を理解するのに役立つFX用語です。

48. サポートライン

サポートラインは、価格が下落した際に反発する可能性があると考えられるレベルを指します。初心者にとっても理解しやすい用語で、投資の参考になります。

49. レジスタンスライン

レジスタンスラインは、価格が上昇した際に反落する可能性があると考えられるレベルを指します。このFX用語は初心者向けで、取引の参考になります。

50. フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントは、価格の反転や停滞を予測するためのツールで、特定の「フィボナッチ数列」を基にしています。初心者向けには、価格の動きを予想する際の参考になるFX用語です。

51. ドントレードライン

ドントレードラインは、株価の移動平均線を用いて、エントリーやエグジットのタイミングを探るテクニカル分析の一つです。FX用語として初心者には有益で、トレンドフォローの戦略に役立つとされています。

52. ダブルトップ

ダブルトップは、価格が2回同じレベルまで上昇し、その後下落するパターンを指します。初心者向けには、「売り」のタイミングを見つける際の有用なFX用語です。

53. ダブルボトム

ダブルボトムは、ダブルトップとは反対に、価格が2回同じレベルまで下落し、その後上昇するパターンを指します。初心者にとってわかりやすいFX用語で、「買い」のタイミングを見つける際の参考になります。

54. ギャップ

ギャップは、取引時間外に生じた価格の変動を指し、前の取引終了時と次の取引開始時との間に価格差がある状態を指します。初心者にとっても理解しやすいFX用語で、市場の大きな動きの一つとして捉えられます。

55. ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、価格の標準偏差を利用して価格の動きを捉えるテクニカル分析の手法です。このFX用語を理解することは初心者にとって重要で、過去の価格動向を元にした取引の参考になります。

56. ストキャスティクス

ストキャスティクスは、一定期間内の最高値と最安値を基準に価格位置を評価するテクニカル指標です。初心者向けには、オーバーバウトやオーバーソールドの状態を判断する際のFX用語として役立ちます。

57. RSI (相対力指数)

RSIは、買われ過ぎや売られ過ぎの状態を見るためのテクニカル指標です。初心者にとってもわかりやすいFX用語で、価格の反転ポイントを見つける参考になります。

58. MACD (移動平均収束拡散)

MACDは、2つの移動平均線の差を用いてトレンドの強弱や転換点を探る指標です。初心者向けには、市場の動きを把握するためのFX用語となります。

59. オシレーター

オシレーターは、市場が買われ過ぎ、あるいは売られ過ぎの状態にあるかを示す指標で、ストキャスティクスやRSIなどが該当します。初心者にとっても理解しやすいFX用語で、市場の状況を理解するのに役立ちます。

60. ブレイクアウト

ブレイクアウトは、価格が一定のレンジから脱出することを指します。初心者向けには、新たなトレンドの始まりを示すFX用語として重要です。

61. サポートライン

サポートラインは、価格が下落した際に反発すると予想されるラインを指します。FX初心者向けに、この用語は重要なトレードのポイントを識別するのに役立ちます。

62. レジスタンスライン

レジスタンスラインは、価格が上昇した際に反落すると予想されるラインを示します。FX初心者には価格の上限を理解する上で必要な用語です。

63. チャートパターン

チャートパターンとは、価格動向が特定の形状を作り出す現象を指します。これらのパターンは、トレンドの反転または継続を示すため、FX初心者には重要な用語となります。

64. トレンドライン

トレンドラインは、価格の動きをつないで形成される直線で、上昇トレンドや下降トレンドを視覚的に理解するのに有効な手段です。FX初心者にとって、この用語はトレンドを把握するのに非常に役立ちます。

65. トライアングル

トライアングルとは、価格が徐々に収束する三角形パターンを指します。FX初心者にとって、このパターンは価格のブレイクアウトを予測する際に有用なヒントを提供します。

66. ヘッドアンドショルダーズ

ヘッドアンドショルダーズは、一つの大きなピーク(ヘッド)とその両側に小さなピーク(ショルダー)を持つチャートパターンを指します。FX初心者にとって、この用語はトレンド反転のサインを探す上で重要なヒントとなります。

67. ブルフラグ

ブルフラグは、急な上昇トレンドに続く小さな下降チャネルを指します。FX初心者にとって、この用語は価格が再び上昇する可能性を示す重要な指標となります。

68. ベアフラグ

ベアフラグはブルフラグの逆で、急な下降トレンドに続く小さな上昇チャネルを指します。FX初心者にとって、この用語は価格が再び下降する可能性を示す重要な指標となります。

69. フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントは、価格の上昇または下降後の反動を予測するための技術です。このFX用語は初心者にとって重要な知識で、サポートやレジスタンスレベルの見積もりに役立ちます。

70. ローソク足

ローソク足は、一定期間の開始価格、終了価格、最高価格、最低価格を表示するチャートスタイルです。FX初心者にとって、このわかりやすいFX用語は、市場の動向を理解する上で非常に有用です。

71. ハラミ

ハラミは、小さいローソク足(二日目)が前日の大きなローソク足の範囲内に完全に含まれている状況を指すパターンです。FX初心者にとって、この用語は価格の反転を予測する上で役立ちます。

72. ドジ

ドジとは、開始価格と終了価格がほぼ同じであるローソク足を指します。初心者向けには、このFX用語は市場の不確実性を示す一つのサインとして理解できます。

73. ハンマー

ハンマーは、小さな実体と長い下ヒゲを持つローソク足のパターンを指します。FX初心者にとって、この用語はダウントレンドの終了と新たな上昇トレンドの始まりを示す可能性があります。

74. ハンギングマン

ハンギングマンはハンマーと似ていますが、このパターンは上昇トレンドの終わりを示す可能性があります。初心者にとって、このFX用語は価格の反転を予測する上で役立ちます。

75. シューティングスター

シューティングスターは、小さな実体と長い上ヒゲを持つローソク足のパターンを指します。FX初心者にとって、この用語はアップトレンドの終了と新たなダウントレンドの始まりを示す可能性があります。

76. インバースハンマー

インバースハンマーもシューティングスターと似ていますが、このパターンは下降トレンドの終わりを示す可能性があります。初心者にとって、このFX用語は価格の反転を予測する上で役立ちます。

77. トリプルトップ

トリプルトップは、価格が三度同じレベルまで上昇して反落するパターンを指します。初心者向けには、このFX用語は強いレジスタンスレベルを示し、そのレベルを超えることが困難であることを示します。

78. トリプルボトム

トリプルボトムは、価格が三度同じレベルまで下落して反発するパターンを指します。初心者にとって、このFX用語は強いサポートレベルを示し、そのレベルを下回ることが困難であることを示します。

79. ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、価格が一定の範囲内で動くことを示すテクニカルインジケーターです。初心者向けには、このFX用語は価格が過去の平均からどれだけ離れているかを示すため、過剰買いまたは過剰売りの状況を識別するのに役立ちます。

80. ストキャスティクス

ストキャスティクスは、価格が特定の時間範囲内での高値や安値に対してどこに位置しているかを示すテクニカルインジケーターです。初心者向けには、このFX用語は価格の反転を予測する際に役立つことがあります。

81. フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントは、トレンドの反転ポイントを予想するために使用される技術的分析ツールで、これは特定のフィボナッチ数列(0、1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、・・・)に基づいています。FX初心者にとって、この用語は市場のサポートとレジスタンスのレベルを識別するのに役立ちます。

82. フィボナッチエクステンション

フィボナッチエクステンションは、フィボナッチリトレースメントと同様にフィボナッチ数列に基づいており、トレンドの目標価格を予想するために使用されます。初心者にとって、このFX用語は価格がどこまで動く可能性があるかを予測するのに役立ちます。

83. ボリューム

ボリュームは、特定の期間内に取引された通貨の量を示します。FX初心者にとって、この用語は市場の強度や弱さを示す重要な指標となります。

84. トレンドライン

トレンドラインは、価格チャート上で引かれ、価格の方向性を示す線です。初心者向けには、このFX用語は市場が上昇トレンドにあるか、下降トレンドにあるかを理解するのに役立ちます。

85. レジスタンス

レジスタンスは、価格が上昇する際に遭遇する可能性のある障害となるレベルを指します。初心者向けには、このFX用語は価格がそのレベルを超えるのが困難であることを示します。

86. サポート

サポートは、価格が下落する際に遭遇する可能性のある障害となるレベルを指します。初心者向けには、このFX用語は価格がそのレベルを下回るのが困難であることを示します。

87. チャネル

チャネルは、価格の動きを囲む2本の平行線を指し、上部がレジスタンス、下部がサポートとして機能します。FX初心者にとって、この用語は価格の範囲を確認し、ブレイクアウトのタイミングを予測するのに役立ちます。

88. ブレイクアウト

ブレイクアウトは、価格が特定のレベル(サポートやレジスタンス)を突破することを指します。初心者にとって、このFX用語は新たなトレンドの始まりを示す重要なサインとなります。

89. コンソリデーション

コンソリデーションは、価格が一定の範囲内で動き、明確なトレンドが見られない状況を指します。初心者向けには、このFX用語は市場の方向性が決まる前の静かな期間を示します。

90. ダイバージェンス

ダイバージェンスは、価格とテクニカルインジケーターとの間に発生する相違を指します。初心者向けには、このFX用語はしばしば市場の反転を示す重要なサインとなります。

91. ヘッジング

ヘッジングは、リスクを軽減するために行われる取引で、通常は元の取引と逆のポジションを開くことで行われます。FX初心者にとって、この用語は取引のリスクを管理し、可能な損失を抑える手法として理解すると良いでしょう。

92. スプレッド

スプレッドは、通貨ペアを購入(Ask価格)または販売(Bid価格)する価格の差を示します。初心者向けには、このFX用語は取引のコストを理解する重要な要素となります。

93. オーバーショット

オーバーショットは、市場の反応が過度である状態を示し、通常は重要な経済発表後などに見られます。初心者向けには、このFX用語は市場の一時的な動きを理解するのに役立ちます。

94. ポートフォリオ

ポートフォリオは、投資家が所有する全ての資産の集合を指します。FX初心者にとって、この用語は多様性を持つことでリスクを分散する投資の基本原則を理解する上で重要となります。

95. ロールオーバー

ロールオーバーは、FX取引で開いたポジションを翌日に持ち越すことを指します。初心者向けには、このFX用語は特にスワップ(金利差)が発生する点を理解すると良いでしょう。

96. ストップロス

ストップロスは、予め設定した価格で取引を自動的に閉じ、損失を制限するためのオーダーを指します。初心者向けには、このFX用語はリスク管理の重要な手法として理解すると良いでしょう。

97. テイクプロフィット

テイクプロフィットは、予め設定した価格で取引を自動的に閉じ、利益を確定するためのオーダーを指します。FX初心者にとって、この用語は利益を確保するための重要な手法となります。

98. リミットオーダー

リミットオーダーは、特定の価格(またはそれ以上/以下)で取引を開くためのオーダーを指します。初心者向けには、このFX用語は価格の好ましいレベルで取引を行うための手法として理解すると良いでしょう。

99. ストップエントリーオーダー

ストップエントリーオーダーは、市場価格が特定の価格に達したときに取引を開始するためのオーダーを指します。初心者にとって、このFX用語は市場が特定の方向に動き始めたときに取引を開くための手法となります。

100. スライッページ

スライッページは、注文が希望の価格よりも不利な価格で実行される現象を指します。FX初心者にとって、この用語は市場のボラティリティが高い時に特に起こり得ることを理解すると良いでしょう。

下記は、「テクニカル分析のFX用語集一覧」を執筆するにあたって、参考にしたサイトです。

OANDAラボ|用語解説(テクニカル指標とは?)

外為どっとコム|テクニカル分析とは

DMMFX|テクニカル分析

auカブコム証券|「テクニカル分析」に関する用語を探す

三井住友DSアセットマネジメント|わかりやすい用語集 解説:テクニカル分析(てくにかるぶんせき)

FX用語のまとめ

FXを始めるにあたって、必須で知っておかなければならないFX用語は冒頭で解説を行いました。そのほかに、知っておくべきFX用語の100種類を一覧で解説しました。そして、テクニカル分析や手法を理解する際に必要なFX用語の100種類をわかりやすく解説したので、初心者トレーダーにはとても参考になる情報です。

本記事では、FX用語について詳しく解説を行っていますが、海外FXでも必要になる用語です。海外FXを始めるにあたって覚えておきたい用語は、「口座開設ボーナス(入金不要ボーナス)」と「入金ボーナス」と「ゼロカット」と「ロスカット」です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。本サイトは、FX用語以外にも海外FXに関する情報をまとめているので、海外FXに興味のある方はご確認下さい。投資を勧誘するものではなく、海外FX業者の情報を正しく記録・掲載する事を目的としているWebサイトです。

FXテクニカル分析の手引き!5つの手法でトレード成功率を向上させる方法!

海外FXは勉強すれば勝てるのか?プロトレーダーの手法とは

日経平均が最高値更新?バブル時に近づく株価と日経先物の仕組み

海外FXトラブル対策ガイド!失敗しないための8つのポイント

コメント