MENU

SwiftTraderの評判や口コミは?安全性や出金拒否の情報

SwiftTradeの口コミ評判

SwiftTraderは、2024年5月1日にグランドオープンした海外FX業者です。SwiftTraderでは、現在20,000円の新規口座開設ボーナスキャンペーンと、10万円のボーナス付与を上限とした200%入金ボーナスを実施しています。今回は、SwiftTraderの評判や口コミ、安全性や出金拒否情報について解説したいと思います。

まだローンチしたばかりの新しい海外FXブローカーであるため、良い口コミや悪い口コミの情報はあまり寄せられていません。また、出金拒否の情報等は現在のところありません。(2024/5/7 23:30更新)

ただし、新規口座開設ボーナスに関する出金に関する情報が寄せられています。一言で伝えると、ボーナスを利用した取引に対して、条件が設けられています。他の海外FX業者で取引したことのある海外FXトレーダーの方も、出金に関する情報を必ずご確認下さい。

公式にしっかり記載されていますが、ちゃんと見てない人がいるので、出金に関する情報はチェックすることをおすすめします。

新興ブローカーですので、特にご注意下さい。出金時の銀行振込では、「取引明細書」を提示するか、SticPayでの手続きが可能です。SticPayの登録には住民票が必要です。

目次

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のボーナスキャンペーン

SwiftTrader新規口座開設ボーナス
SwiftTrader200%ボーナス

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のボーナスキャンペーンについて解説します。

SwiftTraderでは、2024年5月1日~5月31日までの期間に3つのボーナスキャンペーンを実施しています。

  • 新規口座開設ボーナス2万円
  • 初回限定の200%入金ボーナス(ボーナス付与上限10万円)※そのため5万円入金が推奨
  • 50%通常入金ボーナス

SwiftTraderの新規口座開設ボーナスや、200%入金ボーナスに関する詳細は、次の表をご覧ください。

スクロールできます
キャンペーン名開催期間対象口座タイプボーナス内容注意事項
新規口座開設 2万円プレゼント2024年4月1日9:00 ~ 終了時期未定(日本時間)スタンダード、ミニ、マイクロ新規口座開設者にトレード資金として20,000円を付与KYC完了後、ボーナス口座を開設時に取引口座に付与
初回入金200%ボーナス2024年4月1日9:00 ~ 終了時期未定(日本時間)スタンダード、ミニ、マイクロ初回入金額に対して200%のボーナス、上限100,000円新規登録後の初回入金のみ適用、ボーナス対象口座のみ適用
50%通常入金ボーナス2024年4月1日9:00 ~ 終了時期未定(日本時間)スタンダード、ミニ、マイクロご入金額に対して50%のボーナス、合計上限100万円通常入金ボーナスはライフタイムでの上限が累積される
SwiftTrader(スイフトトレーダー)のボーナスキャンペーン

注意事項

  • ボーナス受け取り対象口座:スタンダード、ミニ、マイクロ
  • 入金の定義:Swift Walletから取引口座(MT5)への資金移動

キャンペーンに関しての注意事項

・ボーナス受け取り対象口座:スタンダード、ミニ、マイクロ
※1: 入金=Swift Walletから取引口座(MT5)への資金移動を指します。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の評判・口コミ

SwiftTrader
総合評価
( 2.5 )
メリット
  • 新規口座開設ボーナスが20,000円である
  • 200%入金ボーナスを期間限定で10万円まで付与している ※(例)5万入金:10万ボーナス付与
デメリット
  • 他の海外FXブローカーと比較して、有名な金融ライセンスを取得していない
  • 新興ブローカーであり、利用者が少ないため情報が不足している
  • 運営サイトへのアクセスが集中した際の公式サイトが不安定である
  • クレジットボーナスに関する出金条件が設けられている
  • 出金時の銀行振込では、取引明細書が必要である
  • 出金方法は銀行振込かSticPayの2種類しかない
  • SticPayの登録自体に住民票が必要でありやや面倒である

SwiftTrader(スイフトトレーダー)は、まだローンチしたばかりのサービスであるため、評判や口コミが不足しています。現在SNSや弊社Webサイトで調査中です。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の良い評判・メリット

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の良い評判・メリットです。

SwiftTraderでの出金結構早くて、24時間以内に出金されました!

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の悪い評判・デメリット

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の悪い評判・デメリットです。

新規口座開設ボーナスを使って出金しようと思いましたが、条件が付いてるみたいです。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の出金拒否

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の出金拒否に関する情報は、2024年5月2日時点ではまだありません。今後随時情報更新してまいります。

ただし、入金不要の新規口座開設ボーナスで得た利益では、条件を満たさないと出金拒否になる可能性があります。

下記画像を参考下さい。同じ内容を「SwiftTraderから出金する際の注意点」に記載しているので、併せてご確認下さい。

出典元:SwiftTrader

出金時は、「銀行振込(JPYBank Transfer」か「SticPay」を選択できます。

私の場合は、銀行振込を選択することにします。

出金したい金額を入力していると、振込したい金融機関を登録する項目があるので、必要な情報を追加します。

Account Codeは、口座番号を入力します。SWIFTコードには、ご指定の金融機関のSWIFTコードを入力してください。

SWIFTコードとは何ですか?

(※SWIFTコードとは、ISO 9362と呼ばれる企業認識コード(Business Identifier Code)に関する国際規格であり、BICまたはSWIFTコードと呼ばれています。)
参考:日本銀行|ISO 9362 企業識別コード(BIC)に関する国際規格

SWIFTコードの検索は、Wikipediaに記載の「日本の金融機関のSWIFTコード一覧」が役に立ちます。


新興ブローカーですので、特にご注意下さい。出金時の銀行振込では、「取引明細書」を提示するか、SticPayでの手続きが可能です。SticPayの登録には住民票が必要です。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の安全性

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の安全性に関する情報をご紹介します。SwiftTraderの金融ライセンスについてご紹介します。

金融ライセンス

SwiftTraderの運営会社であるSwift Trader Ltdでは、コモロ連合のムワリ国際サービス局からライセンス番号T2023364の認可を受けており、登録事務所はコモロ連合モヘリ島フォンボニ島ボノボロードにあります。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の口座タイプ

SwiftTrader(スイフトトレーダー)では、5つの口座タイプが用意されています。用意されている口座タイプは、以下の4つです。

  • スタンダード口座
  • ミニ口座
  • マイクロ口座
  • プロ口座
  • ECN口座

それぞれの口座の特徴を表形式でまとめています。

スクロールできます
口座タイプスタンダード口座ミニ口座マイクロ口座プロ口座ECN口座
レバレッジ10001000100010001000
スワップありありありありあり
取引ペア全商品取引可能外国為替(FX), 貴金属(Metal)外国為替(FX), 貴金属(Metal)全商品取引可能全商品取引可能
取引手数料なしなしなしなしFX $6, Metal $5, Crypto 0.1% (ロットあたり往復)
コントラクトサイズ100,00010,0001,000100,000100,000
最低入金額10 USD10 USD10 USD10 USD10 USD
最小ロット数0.010.010.010.010.01
最大ロット数100100100100100
マージンコール80%80%80%80%80%
ロスカット20%20%20%20%20%
最大指値注文数200200200200200
SwiftTrader(スイフトトレーダー)の口座タイプ

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の取引商品

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の取引商品に関するご紹介です。SwiftTrader(スイフトトレーダー)の取引商品は、以下の3つです。

  • 外国為替FX
  • CFD
  • コモディティ

詳細項目は、公式HPでまだ発表されていないようです。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のレバレッジ

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のレバレッジに関する情報を提供します。

外国為替(FX)メジャーの有効証拠金に基づくダイナミックレバレッジ

  • レベル 1: 0~$10,000までの有効証拠金でレバレッジは1000倍
  • レベル 2: $10,001~$20,000で800倍
  • レベル 3: $20,001~$30,000で600倍
  • レベル 4: $30,001~$40,000で400倍
  • レベル 5: $40,001~$50,000で300倍
  • レベル 6: $50,001以上で200倍

外国為替(FX)マイナー、エキゾチックペア、メタル、コモディティ、インデックスの有効証拠金に基づくダイナミックレバレッジ

  • レベル 1: 0~$10,000までの有効証拠金でレバレッジは1000倍
  • レベル 2: $10,001~$20,000で500倍
  • レベル 3: $20,001~$30,000で400倍
  • レベル 4: $30,001~$40,000で300倍
  • レベル 5: $40,001~$50,000で200倍
  • レベル 6: $50,001以上で100倍
  • 注: CHFペアは最大200倍、TRYペアは最大50倍のレバレッジ

暗号資産 (Bitcoin, Ethereum, Bitcoin Cash)のロットに基づくダイナミックレバレッジ

  • レベル 1: 0~10ロットで500倍
  • レベル 2: 11~20ロットで250倍
  • レベル 3: 21~50ロットで50倍
  • レベル 4: 51ロット以上で1倍

暗号資産 (その他の暗号資産)のロットに基づくダイナミックレバレッジ

  • レベル 1: 0~200ロットで500倍
  • レベル 2: 201~500ロットで250倍
  • レベル 3: 501~1,000ロットで100倍
  • レベル 4: 1,001~5,000ロットで50倍
  • レベル 5: 5,001ロット以上で20倍

SwiftTrader(スイフトトレーダー)への入出金

SwiftTrader(スイフトトレーダー)では、さまざまな入出金に対応しています。基本には国内銀行送金で入出金することになるでしょう。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)への入金方法

入金サービス銀行送金クレジットカード暗号資産手数料
MyBANQ (マイバンク)⚪︎XX0% (最低入金額2,000円)
Match2Pay (マッチトゥーペイ)XXTether (USDT)0円 (最低入金額$10)
STICPAY (スティックペイ)⚪︎⚪︎X0円
SwiftTrader(スイフトトレーダー)への入金方法の比較

それでは、実際にSwiftTraderへ入金する方法を解説します。

STEP
SwiftTraderのアカウントにログインする

まずはアカウントにログインしましょう。

STEP
ウォレットから「入金」を選択

ウォレットから「入金」を選択し、JPYを選択し、入金金額を入力します。国内銀行送金にチェックが入っていることを確認し、「次へ」を選択します。

STEP
メールが届く

このメールに記載のとおりのローマ字や数字を入力し、振り込みをすると、30分~1時間ほどでウォレットへの入金処理が完了します。(取引アカウントではないので注意してください。)

STEP
ウォレットから取引口座(MT5)へ資金移動する

これで完了です。

STEP
MT5へ入金額およびクレジットボーナスが反映される

入金完了です。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)からの出金方法

スクロールできます
出金サービス銀行送金クレジットカード暗号資産手数料
MyBANQ (マイバンク)XXX0% (最低出金額2,000円) *1
Match2Pay (マッチトゥーペイ)XXTether (USDT)0円 (最低出金額$10)
STICPAY (スティックペイ)⚪︎⚪︎X0円 *2
JPYBank Transfer(銀行振込)⚪︎???
SwiftTrader(スイフトトレーダー)からの出金方法の比較

SwiftTrader(スイフトトレーダー)から出金する場合には、入金時と同じようにSwiftTraderにログインして、「出金タブ」から出金手続きをしましょう。

しかし、出金するまえに、MT4やMT5などの取引口座からWalletに資金移動をしないと、残高不足を理由に出金拒否になります。かならず、資金移動を行いましょう。

SwiftTraderの取引口座(MT4・MT5)からWalletに資金移動して、出金拒否を避ける方法

資金移動に成功すると、下記の画面が表示されます。

では、さっそく出金してみましょう。私はSticPayで出金をしました。

銀行振込での出金方法

実際に私も出金してみようと試みたのですが、取引明細書が必要とのことで、ちょっと面倒臭かったので、SticPayにしました。

SticPayでの出金方法

SticPayの公式サイトにいって、登録してください。私は、続柄なし&本籍地なしの住民票を取得し、運転免許証の表裏を提示すると、約4時間ほどで承認されました。平日の昼だったからかもしれません。

SticPayの公式サイトは下記です。

出典元:SticPayの公式サイト

資金移動せずに出金しようとすると、残高不足を理由に出金拒否されます。まずは、MT4・MT5の口座から、Walletに資金移動して下さい

SwiftTraderの出金拒否|資金移動してないとこの画面が表示されます

では、さっそく、出金してみましょう。サイドバー「ウォレット」から、「出金」をクリックし、「支払い方法」でSticPayを選択しましょう。必要な金額やSticPayのメールアドレスを入力すると、同意ボタンにチェックを入れて送信をクリックします。

「送信する」ボタンをクリックすると、出金確認の画面が表示されます。

出金確認の画面|SwiftTrader

以上が、SticPayで出金する方法です。元々SticPayの口座を持ってる人は楽ですね。

その後、12時間後ぐらいに確認してみると、SticPayに出金されていました。

SwiftTraderからSticpayへの出金完了

SticPayから、銀行口座へ振り込むための口座を登録しましょう。

SticPayから、銀行口座へ振り込むための口座を登録する

銀行口座の登録が完了すると、下記画面が表示されます。

では、SticPayから出金手続きを行います。

SticPayから出金手続き

下記は、出金確認画面です。

Sticpayの出金確認画面

出金手数料高すぎっ!!と思いましたが、とりあえずメールアドレスの認証コードを確認して、次へ進めます。「メールを認証」をクリックします。

認証コードを確認|SticPay

届いたコードを、入力します。

ですが、ここでバグが発生。コードを入力したら、バグって2つ同時に数字が入力されたりしました。私は、メモ帳開いて、数字をコピーして、ここにCtrl+Vで貼り付けを行ったところ、「認証コードの確認が完了しました。」と成功しました。

送信をクリックします。

認証コードの入力|SticPay

青い文字で、「完了しました。」と表示がでました。
…ようやく出金が完了したようです!

SwiftTraderから出金する際の注意事項については、以下を必ずご確認下さい。

SwiftTraderから出金する際の注意事項について(必読)

クレジット取引について

SwiftTraderの利益をクレジット取引から出金するには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 合計取引量が$200,000 USD以上であること
  2. 取引活動中に少なくとも5つのポジションを開いて閉じること
  3. 開いた各ポジションが3分以上アクティブであること
  4. 0.1ロット(10,000ユニットに相当)以上のポジションのみが要件を満たすものとしてカウントされます。

銀行出金をご希望の場合、必ず下記注意事項をご確認ください.

  1. 銀行振込にてご出金をご希望の場合は、送金先の銀行情報をご登録していただく必要がございます。
    • お支払い方法は”JPYBankTransfer”をご選択ください。
    • 口座名義人は銀行に記載されている書式に沿って”カタカナ”でご記入ください。
    • 口座名義人はSwift Traderのご利用者様と同一人物である必要がございます。(第三者名義への出金はできかねますのでご注意ください)
    • アカウント番号/BANには口座番号をご記入ください。
    • 銀行名はドロップダウンよりご指定の銀行をご選択ください。
    • 添付ファイルには銀行の取引明細書(入出金明細書)をアップロードして下さい。
  1. 取引明細書(入出金明細書)は下記項目が記載されていることをご確認ください。要件を満たしていない場合は追加の書類のご提出をお願いすることとなりますのでご了承くださいませ。
  1. 日付: 3カ月以内に発行されたもの
  2. 名義: Swift Traderでご登録されている名義が記載されている
  3. 銀行情報: 銀行名、口座番号が記載されている

尚、スクリーンショット等は不可でございます、正規にダウンロードしたPDFなどでご提出ください。

新興ブローカーですので、特にご注意下さい。出金時の銀行振込では、「取引明細書」を提示するか、SticPayでの手続きが可能です。SticPayの登録には住民票が必要です。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の取引時間

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の取引時間は、他の海外FX業者と同様です。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の取引ツール(MT5)

SwiftTrader(スイフトトレーダー)での取引プラットフォーム、取引ツールは、MT5に限定されています。現在、MT4での利用はできません。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の取引可能なMT5は、「Windows」「iOS」「Android」で利用できます。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の口座開設方法と必要書類

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の口座開設方法は、公式HPへログインし簡単な手続きを行うと完了します。

必要書類は運転免許証かパスポートです。自身の顔をスマートフォンで認証する必要があります。(KYC認証)

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のログイン方法

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のログイン方法について、「会員ページ」へのログインと、「MT5」へのログインについてそれぞれ解説します。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の会員ページへのログイン方法

サインイン 会員ページへのログインSwiftTrader

SwiftTrader(スイフトトレーダー)にログインするには、公式HPへアクセスし、サインインしましょう。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のMT5へのログイン方法

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のMT5へのログイン方法として、まずはMT5のIDとPWが必要です。アカウント開設時に、メールに通知が届いていると思うので確認します。

Gmailを開いて、「SwiftTrader You have successfully created your live trading account」という件名のメールアドレスを探します。

メール件名をチェックすると、下記のような項目が記載されているはずです。

  • MetaTrader Login: xxxxxxx(7桁)
  • MetaTrader Password: testtest
  • Trading Platform: MT5
  • Trading Server: SwiftTrader-Server (Live) (Lead Demo)

これらの情報をもとに、スマホのAppStoreやGooglePlayでMT5をダウンロード・インストールし、証券会社の項目で、「SwiftTrader」と入力して、IDとPWを入力します。
※メールに届いている内容だと、MetaTrader Login と MetaTrader Password が該当します。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のデモ口座

SwiftTrader(スイフトトレーダー)には、デモ口座のご用意がありません。XMTradingなどの他の海外FX業者をご利用下さい。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のサポート体制

SwiftTrader(スイフトトレーダー)では、「ライブチャット」「LINE」「Email」「マイページからのリクエスト送信」でのサポートが用意されています。

下記は、SwiftTrader(スイフトトレーダー)のカスタマーサポートへの連絡方法と受付時間です。

連絡方法受付時間
ライブチャット09:00~21:00(月~金)
LINE(公式LINE)24時間受付
Email24時間受付
マイページからリクエスト送信24時間受付

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の会社概要

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の会社概要です。

会社名Swift Trader Ltd

事業者登録番号HY00923430
会社許可番号
T2023364
実在住所106/3 Spring St, Sydney, NSW, 2000 Australia

アジアオフィス1-13A, First Floor, Paragon, Jalan Mustapha, 87000 Labuan F.T., Malaysia

登録住所Bonovo Road, Fomboni, Island of Mohéli, Comoros Union
電話番号+61 2 8006 2422
Eメールinfo@swifttrader.com
SwiftTrader(スイフトトレーダー)の会社概要

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のよくある質問(FAQ)

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の新規口座開設ボーナスはいくらですか?

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の新規口座開設ボーナスは、20,000円です。終了時期は未定です。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の200%入金ボーナスの付与上限はいくらですか?

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の200%入金ボーナスの付与上限は、100,000円です。終了時期は未定です。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)のボーナスキャンペーンはいつまでですか?

新規口座開設ボーナス、入金ボーナスともに、終了時期は未定です。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)は誰が運営しているのですか?

SwiftTrader(スイフトトレーダー)は、Swift Trader Ltd が運営しています。

SwiftTrader(スイフトトレーダー)の金融ライセンスは何ですか?

コモロ連合のムワリ国際サービス局からライセンス番号T2023364の認可を受けています。登録事務所はコモロ連合モヘリ島フォンボニ島のBonovo Roadです。

SwiftTraderから出金するのは通常何日かかりますか?

5営業日以内です。早くて24時間で以内に出金できたという口コミが寄せられています。

SwiftTraderから出金できないのはなぜですか?

ボーナスクレジットが付与される新規口座開設ボーナスでは、達成しなければならない条件があります。「SwiftTrader(スイフトトレーダー)の出金拒否」をご確認下さい。

SwiftTraderから仮想通貨(暗号通貨)であればすぐに出金できますか?

仮想通貨(暗号通貨)であっても、即座に出金されるわけではありません。出金経路によって出金日数は異なりますが、明確な日数が定められていません。

Fintokeiの速攻プロプランとSwiftTraderとの関係は?

Fintokeiの速攻プロプランは、海外FX業者のAxioryが運営しており、SwiftTraderと一切関係はありません。

以上、「SwiftTraderの評判や口コミは?安全性や出金拒否の情報」に関する情報でした。

新興ブローカーであり、まだ情報が不足しているため、実際の出金情報についての情報がほとんどありません。出金について心配であると思われる方は、運営歴の長いXMTrading、Exness、BigBossがおすすめです。

1位~3位のおすすめ海外FX業者を確認する

当サイト「海外FXトレンド」に掲載している内容は、日本在住者向けに公開しているものではなく、投資に関する助言、勧誘するものではありません。詳細は、コンテンツ制作ポリシーをご確認下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外FXトレンド運営事務局です。海外FXに関するボーナス情報を掲載しています。掲載している業者は出金実績があり、執筆者もトレーダーなので、よく利用してるブローカーをメインに取り上げています。

コメント

コメントする

目次