AIがクラウドの未来を切り開く!NeuBirdによる革新的な生成型AIソリューション登場!

0
Spread the love
  • NeuBird設立者、過去の成功経験を活かし新たなスタートアップに挑戦
  • Goutham RaoとVinod Jayaramanがクラウドネイティブ分野で新規事業開始
  • PureStorageにPortWorxを$370 millionで売却、それが第三の成功例

NeuBirdの創設者であるGoutham RaoとVinod Jayaramanが、新たなスタートアップに着手しました。
この二人は、以前設立したクラウドネイティブ・ストレージソリューションの企業PortWorxPureStorageに売却し、$370 millionの収益を得るという快挙を成し遂げました。
これは彼らにとって3度目の成功した企業売却でした。

昨年、彼らは別のスタートアップ企業を模索する中で、クラウドネイティブな知識を活かした新しい事業機会を発見しました。
この新事業ではクラウドコンピューティングのさらなる可能性を追求することが彼らの狙いです。

ある専門家が語るには、「長年の経験とそれに裏付けられた独創性が、起業家たちの新たな飛躍に役立っている」とのことです。
それはまるで歴史的な大発見に繋がる探検のようなものです。
新技術や新サービスを世に送り出すことは、未知の領域への挑戦であり、そこには計り知れない可能性が秘められています。

NeuBirdの創始者たちがこれまでに築き上げた成功の礎をもとに、彼らがどのような先進的な事業を展開していくのか、業界は注目しています。

icon image

えっと、これ、クラウドコンピューティングって何がスゴイの? なんでそんなに金になるのかな?

クラウドコンピューティングはね、インターネット経由でデータやプログラムにアクセスする技術のことだよ。このおかげで、いつでもどこでも情報を手に入れたり、処理したりできるんだ。だから、多くの企業がこの技術を使ってサービスを改善したり、新しいビジネスモデルを作ったりしているんだよ。それで、市場が大きくなっていて、需要も高まっているから、金額も高くなるんだね。

icon image
icon image

さて、これが面白いニュースだね。NeuBirdの創設者たちがまた新しいスタートアップを立ち上げたんだって。
あれほどの大金を手にするって、彼らにとってはもう3回目らしい。前回はPortWorxっていう会社をPureStorageに売って、なんと370百万ドルもの大金を得たんだって。
その経験を活かして、またクラウドコンピューティングの分野で新しいチャレンジをしているようなんだ。

ユータ、おまえが聞いてたクラウドコンピューティングがすごい点ってのはね、いつでもどこでも情報にアクセスできるってところだよ。そんな便利な技術だから多くの企業が使いたがってて、その需要が価値を高めてるんだな。
アヤカ、お前が言うように、こういう技術を活用して、ビジネスモデルを変革したりすることが大きな市場になってる。
それでね、業界はこのNeuBirdの創始者たちがこれから何を生み出すのか、すごく注目しているわけだ。

Please follow and like us:
Pin Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RSS
Follow by Email