先進AIが“仕事拒否”から大転身!OpenAIのGPT-4価格値下げと怠け癖修正の衝撃

0
Spread the love
  • OpenAIがモデルとAPIアクセス価格の調整
  • 新しいモデル群をリリース
  • APIアクセス料金の削減

OpenAIが本日、その模型と価格政策に細かな調整を施し、開発者に向けて数種類の新モデルを公開しました。これらの動きはAPIアクセス費用の低下をもたらし、さらには将来的な消費者向けオプションの指標ともなっています。

特に目を引くのはGPT-3.5 Turboのリリースであり、技術開発を行う者にとっては明るいニュースです。なぜなら、強化された機能とコスト削減は、より多くの開発者がAI技術を活用するための門戸を広げるからです。

例えば、昔の童話に登場する賢者が突然現代の村にやって来て、その知恵を惜しみなく分け与えるようなもの。開発者にとっては、これまでにない方法でアイデアを形にできるチャンスが到来しているのです。

今回の価格改定は個人使用を超えた商用利用にとっても重要な意味を持っています。結果としてAIの経済への統合が加速することが予想されます。

しかしながら、技術の進化は愛好家や専門家だけでなく、一般消費者にも関連するもの。将来的には我々も日常的にOpenAIが提供するサービスの恩恵を受ける日が来るかもしれません。

この進化により、AIの未来はさらに明るいものになると見込まれます。

icon image

んで、そのGPT-3.5 Turboってのは、どんなすごいことができんの? なんで安くなったのに、みんなめっちゃウキウキしてんの?

OpenAIが新しいAIモデルを公開しました。性能が向上して、価格も下がったので、開発者がAIを使いやすくなったんです。これでいろんなアプリにAIが使われるようになります。みんなが楽しみにしているのは、そういう新しい可能性が広がるからですね。

icon image
icon image

ほら、GPT-3.5 Turboって新しい型が出たんだよ。
性能がいいのに価格が下がったから、開発者にとっては使い道がいっぱい増えるんだ。
このおかげで、これまでAIを導入するのが難しかったアプリも、簡単にAIを活用できる可能性が広がってるんだね。

みんなのワクワクは、そういう新しいドアが開いたようなもんだよ。
商用利用も含めてね、AIが経済にどんどん組み込まれてって、結局は私たちの生活も便利になるわけ。
未来的には、わからないことをAIに訊いたり、あるいは作業を手伝わせたりできるようになるかもしれない。

こういうのは、ただの一つの進歩じゃなくて、AIの未来全体を明るく照らしだしてるんだ。

Please follow and like us:
Pin Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RSS
Follow by Email